女性に人気の医療事務の仕事はブランク明けの再就職が容易であったり、育児に合わせて時短勤務が可能など一般企業で働くのとはまた違うメリットがあります。これから医療事務を目指す人へ仕事内容や資格取得のアドバイスなどの耳寄り情報をまとめていきます。

医療事務の仕事内容について

私たちが病院に行くと受付窓口で保険証が確認され、カルテが作成されます。医師による診療後、医師の記入したカルテに基づいて会計が行われ、患者は保険の種類ごとの負担率に対応した医療費を支払います。
病院や診療所などの医療機関では医師による診療行為が行われるだけでなく、窓口業務や会計業務のほかそれに伴った様々な事務作業が発生します。このような医療機関での事務的業務を総称したものが、医療事務です。
本来医療活動に必要なすべての事務は、医師が自分で行っていました。しかし病院の組織化、医療保険制度の複雑化、事務業務の細分化、専門化などに伴って医師に代わって医療事務のスペシャリストが行うようになりました。

現在ほとんどの医療機関では、医事課という部門が医療事務の役割を担っています。医療事務の主な仕事内容は大きく次の5つに分けることができます。
病院の顔として外来患者の受け付けやカルテの作成搬送などを行う、受付窓口業務。診療費の計算を行い患者の一部負担額を徴収する、会計業務。入院設備がある病院で、入退院患者の事務処理などを行う入退院に伴う業務。医療機関が診療報酬を請求するために診療行為を料金化し、レセプトを作成するレセプト作成業務。オペレーター業務や各種統計資料の作成、医療機器、器具の管理などその他の業務。これらの仕事の中で最も代表的なのが、レセプト作成業務で病院の収入にかかわる重要な仕事になります。

医療機関もサービス業の時代と言われるように、患者自らが病院を選択するようになってきています。医師の技術や医療施設の設備はもちろんのこと、優しい笑顔で患者に接する受付スタッフの好感度も病院を選ぶときの重要な要素になってきています。
受付窓口は初めて病院に来た患者が真っ先に訪れる場所です。病院の顔としての受付スタッフの応対は病院に対する患者のイメージを、大きく左右します。そのため受付スタッフにはわけ隔てのない温かみのある応対が、求められます。

医療事務はレセプトのプロとしての役割が大きい

保険診療による診療費は、医療機関の医療費収入の大部分を占めています。その診療費は国民の税金、保険、自己負担額から支払われています。
医療機関の会計窓口で患者から徴収するのは、診療費の全額ではなく医療保険を適用した自己負担分のみになっています。
その残りは患者単位に診療報酬としてまとめ、診療した月の翌月10日までに支払基金や国保連に提出して、保険者に診療費の請求を行います。

医療機関が診療費の請求のために診療行為を料金化して、レセプトを作成する業務のことをレセプト業務と呼んでいます。
レセプト業務の仕事内容は一般企業の事務とは異なる医療機関特有の仕事で、医療事務の中でも最も専門性の高い重要な役割の仕事になっています。
レセプト作成業務は患者のカルテに記載された診療内容を投薬、注射、処置、検査などの項目別に区分して点数に置き換えて、診療費を計算していくという仕事です。
たとえば薬価は15円までで1点という具合にそれぞれの診療行為ごとに点数が決められており、点数表を見ながら点数算定のルールに従って計算していきます。
レセプト業務はカルテを見ながらレセプトに転記したり、計算したりという定型的な反復作業のためかなり根気が必要になってくる仕事といえます。レセプトの改定も頻繁に行われ、このレセプトの改定にも対応していかなければなりません。
また毎月の請求期日が決まっているので、請求漏れやミスがないように注意しながら短期間で誤りのないレセプトを作成しなければなりません。そのため毎月のレセプト業務の時期には、医療事務スタッフの残業も多くなります。
レセプトは厳しくチェックされ、記入漏れやミスがあると審査機関はレセプトを受理せずに医療機関に返却します。そのため医療事務スタッフは、医師の指示のもとに正確なレセプトを作成しなければなりません。