女性に人気の医療事務の仕事はブランク明けの再就職が容易であったり、育児に合わせて時短勤務が可能など一般企業で働くのとはまた違うメリットがあります。これから医療事務を目指す人へ仕事内容や資格取得のアドバイスなどの耳寄り情報をまとめていきます。

医療事務の資格はどんなものがある?

医療事務は診療報酬点数表という国のきまりに従って、医療費の計算を行ったり、診療報酬明細書と呼ばれる書類を作ったりします。もちろん、電話応対など受付業務もあります。
特別なルールに従って、計算を行っていくのですが、その資格に関しては国家資格ではなく、民間資格になっています。
民間資格のため、医療事務員を養成するところが各検定試験を作っていったという経緯があります。
例えば、メディカルクラーク検定は医療機関の請負業務を行っているニチイという会社と関連が深いものですし、医療事務管理士技能認定試験は同じく請負業務を行っているソラストという会社と関連が深いものです。
メディカルクラーク検定も医療事務管理士技能認定試験も一般の方が受験できるので、試験制度が出来上がった当初と比べると今は違ってきています。
このような民間資格が出てくると、雇用主の方では、どれが、どんなスキルを身につけているのか判断しづらいです。そこで、厚生労働省の認定試験として生まれたのが診療報酬請求事務能力認定試験です。
メディカルクラーク検定と医療事務管理士技能認定試験は、年に6回受験のチャンスがあり、しかも科目合格制度もあるため、比較的合格しやすいものです。
しかし診療報酬請求事務能力認定試験の場合は年に2回しか受験のチャンスはなく、科目合格制度も取り入れていません。そのため全国合格率も30%くらいで、この試験の有無は医療事務スキルの一定のめやすとなっているようです。
これらのどの試験も出題形式や難易度は異なりますが、診療報酬点数表の読みこなし、医療関連法規の理解、カルテから必要事項を読み取り、診療報酬請求明細書を作成する力を問うものとなっています。
資格取得者の傾向ですが、先に述べた関連会社で教育を受けた人はそれぞれ自社の関連資格と診療報酬請求事務能力認定試験を取得しているようです。
また、専門学校生で医療事務を専攻している場合は、今、紹介したそれぞれの資格をすべて取得する傾向にあります。

医療事務の資格を取得するメリットとは?

医療事務の資格を取得するメリットとしては、一つは就職試験の際のアピール材料です。診療報酬請求事務能力認定試験は病院向け、メディカルクラーク検定や医療事務管理士技能認定試験は診療所向けだといわれています。
その点で、他の資格試験と比べると資格取得者の傾向として転職希望者が多く含まれています。
医療事務の場合、就職試験を受ける段階で、実務経験や資格取得を条件にしているところが多いため、受験先を増やすということもメリットになるでしょうか。
また、既に医療機関へ就職をしている人にとっては、自分のスキルを確かめるチャンスであるばかりでなく、資格手当につながるメリットがあるそうです。
特に医療事務関連資格の中でも一番難しい診療報酬請求事務能力認定試験の場合は、医療機関自体で奨励していて合格者を資格手当の対象としているケースも少なくありません。
資格試験自体がこのような背景を抱えているので、20代から40代くらいまでの幅広い年齢層で試験に挑戦される方が多いです。圧倒的に女性が多いです。
医療事務として働きたい人にとってはこれらの資格は必要なものとなりますので、取得するメリットは十分にあります。また、これらの資格のための勉強は私たちの生活の中でも関わってきます。
一生医療機関にかからずに済むという人はそういないでしょうから、医療保険の枠組みを知る意味でも大きなメリットがあります。
また、介護事務や今、人気の調剤薬局の事務も医療事務の知識があれば、そう難しいものではありません。今後の自分の可能性を広げるという意味でのメリットもあります。
もちろん、それぞれの目的によってメリットは異なりますが、勉強しておいて損がない資格だといえるでしょう。