女性に人気の医療事務の仕事はブランク明けの再就職が容易であったり、育児に合わせて時短勤務が可能など一般企業で働くのとはまた違うメリットがあります。これから医療事務を目指す人へ仕事内容や資格取得のアドバイスなどの耳寄り情報をまとめていきます。

医療事務の魅力とは?

医療事務はたくさんの魅力がある仕事です。まず、医療事務であれば、全国どこに行っても働くことができます。そのため、独身時代に医療事務として働いて、結婚などで引っ越してもすぐに転職して新しい仕事につくことができます。
医療事務の仕事内容は、主に病院で、患者さんの受付をすることですが、その他にもカルテの作成や整理、レセプトといって医療保険の請求を毎月行います。
最近は手書きのカルテではなく、電子カルテといって、コンピューターでカルテを作成することが増えました。新しい患者さんが来院したら、名前などを入力してカルテを作成しなければいけません。
事務仕事というと、一般的にパソコンに向かって黙々と作業するイメージがありますが、医療事務は患者さんとのコミュニケーションが欠かせません。保険証の確認や、お会計の際など、患者さんへの心遣いが必要になります。
機械的に作業するのではなく、患者さんという人を相手にする仕事だということで、やりがいを感じられるでしょう。

また、医療事務の魅力として、自分のライフスタイルに合わせて働けるという点があります。独身時代はもちろん、結婚や出産といったライフスタイルに合わせて、子供が小さいうちは午前中だけ働くようにして、大きくなったらフルタイムにするということも可能です。
医療の仕事ですが、仕事内容は直接治療には携わりません。血を見るのが苦手だという人にも安心して働ける就職先と言えるでしょう。
比較的定時で終わることが多く、レセプトの締め切りを除けば残業をする機会もほとんどありません。夜もそれほど遅くまで診療しているクリニックは少ないので、家族と一緒に夕飯を食べることができます。
医療事務の魅力は、やりがいのある仕事内容と、自分の生活に合わせた働き方ができるという点です。日曜も休診のところが多いので、自分の時間を確保したり、家族と過ごす時間が得られる就職先であることがよく分かります。

医療事務の就職は景気に左右されないのが特徴

就職する際に、景気によって左右される仕事があります。そのような仕事は、せっかく働いたのにクビになってしまうということが珍しくありません。
しかし、医療事務は景気に左右されないという特徴があります。景気が悪いからといって、身体が健康になるということはないからです。
お客さん相手のお店の場合、景気が悪いと買い物を控えるということが多くありますが、病院に行かないというわけにはいきません。景気に左右されない仕事というのは、それだけで安定していると言えるでしょう。

また、医療事務として働いていても、引越しなどで転職することもあるでしょう。そのような場合、東京はもちろん、地方に行っても医療事務という仕事の募集は多くあり、自分の働きたい職場を選ぶことができます。
自宅から近い場所や、診療時間の短いところなど、ライフスタイルに合わせて就職先を選ぶことができるので、とても働きやすいです。
景気に左右されないことから、給与も安定しているというメリットがあります。昇給が望める場合とそうでない場合がありますが、いきなり減給されるということはありません。雇用保険に入っているなど、これからの人生において安定していることが分かります。
医療事務という仕事は、座って行うことが多いので、力の弱い女性でも安心して働くことができます。女性の多い職場ですので、子供が急に熱を出したり、学校行事などでも休ませてくれるなど、配慮が行き届いています。
長く働ける仕事で、仕事内容もしっかりと理解して行えば、スキルアップを望むこともできます。患者さんのことを第一に考え、受付などの事務という仕事を通して病院のサポートをするための大切な仕事です。