女性に人気の医療事務の仕事はブランク明けの再就職が容易であったり、育児に合わせて時短勤務が可能など一般企業で働くのとはまた違うメリットがあります。これから医療事務を目指す人へ仕事内容や資格取得のアドバイスなどの耳寄り情報をまとめていきます。

気になる医療事務の年収はどれくらい?

医療事務の仕事は、病院などの受付やカルテの整理などを主に行います。気になるのが年収や月給ですが、働く場所や病院の種類によって大きく変わってきます。
まず、医療事務の平均的な月給は18万円前後です。年収になると250万円が目安になります。ただ、この金額は地域差が激しく、人口の多い東京は募集も多いために給与も高くなる傾向があります。
東京での月給は15~34万円ほどで推移しています。経験年数によっても変わってきますが、平均すると20万円ほどになります。
これが地方になると、月収が12~28万円と大きく下がります。平均的な金額は16万円前後となり、東京との差が目立ちます。勤続年数が増えれば、給与も増えますが、地域によってはほとんど上がらないこともあります。
医療事務の初任給は、10万円から10万円の後半になります。初任給にも、地域性が出るために差が広がっていますが、医療事務として働いている場所によっても収入は変わってきます。

まず、医療事務として働く主な職場は、総合病院、個人開業医が主になります。総合病院の方が給与が高く、月給は17~20万円で年収は250万円になります。開業医の場合、月給は17万円ほどで、年収は200万円です。
総合病院の方が給与がいいイメージがありますが、ほとんどが非正規の扱いで、正社員の募集はほとんどありません。欠員が出た場合のみ募集が出るので、競争は激しいです。開業医は正社員、非正規ともに募集があります。
医療事務の仕事を自給に換算すると、1000~1300円ほどになります。非正規の場合では、働いた時間分の金額が支払われるので目安にしましょう。
非正規にはボーナスの支給はありませんが、正社員の場合、月給の3ヵ月分ほどのボーナスが支給されます。ボーナスの3カ月分というのは、年間での数字なので、年に2回支払われる場合、1.5ヶ月分を2回支給とするクリニックが多くみられます。

医療事務の年収が上昇しない理由

医療事務の仕事内容は、基本的にあまり変化がありません。勤務年数が長くなれば年収も上がっていきますが、他の職種に比べると上昇の仕方がゆるやかであるという傾向があります。
その理由は、それほど専門的な知識を必要とせず、長い間働いていれば、誰でも出来るようになる仕事内容であるからです。
長く働き続けることで、患者さんとの関係やカルテの作成などの技術は向上していきます。一般的な事務仕事の年収が300万円ほどとされているので、医療事務の年収はけっして高いわけではありません。
個人開業医の場合は、クリニック自体の収入がそれほど増えないので、個人に対する給与を大きく引き上げることができないという面もあります。

しかし、医療事務の仕事は安定していて、結婚や妊娠で退職しても再び働くことができるというメリットがあります。安定した職種ということで、多くの女性から支持を集めています。低い月給でも働く人がいるので、給与が上がりにくいという面もあるかもしれません。
継続して働き続けることで、年収300万円を超えることは可能です。クリニックの中で、主任クラスの肩書があれば、300万円以上の収入を得ている人も珍しくありません。中には500万円以上の年収を稼いでいる人もいます。
医療事務というのは、他の職種と比較すると、給与が低いです。ただ、安定した仕事内容や、休みが取りやすいという面もあり、働きやすいというメリットを考えて医療事務の仕事を選ぶ人もいます。
医療事務の仕事は、やりがいがあり、自分のスキルアップも望むことができます。開業医や総合病院など、就職先も自分に合ったところを選び、働ける環境を用意しておくと継続しやすいでしょう。