女性に人気の医療事務の仕事はブランク明けの再就職が容易であったり、育児に合わせて時短勤務が可能など一般企業で働くのとはまた違うメリットがあります。これから医療事務を目指す人へ仕事内容や資格取得のアドバイスなどの耳寄り情報をまとめていきます。

結婚や出産後の仕事に医療事務が良い理由

女性にとって、結婚や出産というのはとても喜ばしいことなのですが、環境が変わる人生の機転になることも少なくありません。特に仕事をしている場合は、出産のタイミングで退職するという人が多いでしょう。
結婚や出産後というのは、生活リズムが大きく変わります。結婚を機に引越しをする人も多く、環境の変化を感じる人も多いでしょう。慣れてきた頃に、仕事をして働きたいと考えるようになりますが、なかなか希望の仕事につけることは少ないです。
なぜなら、子供が小さいうちや、結婚してすぐの頃は、午前中だけで仕事を切り上げて、家事や育児もきちんと行いたいと考える人が多いからです。幼稚園に行っている間だけ働きたいと考える人も多いでしょう。
探してみると、そのような仕事は少ないことが分かります。しかし、医療事務であれば、結婚はもちろん、出産後にもおすすめできる仕事です。おすすめの理由は、資格を持って働いているので、誰でもできる仕事ではないからです。
開業医の受付として医療事務の仕事をする人も多く、融通がきくという面もあります。
子供が熱を出したり、参観などの行事にも理解を示してくれ、きちんと家族の時間を持てるようになります。家事と仕事の両立が実現できる仕事です。医療事務をおすすめする理由は他にもあります。
資格なので、遠くへ引越した場合も、引越し先で新しい仕事をすることができます。

このように、医療事務には、結婚しても、子供を持っても、女性が安心して働くことができる環境が用意されています。子供が小さいうちは午前中だけ働いて、成長とともに勤務時間を長くするということも可能です。
働き方を自分のライフスタイルに合わせることができるので、とても働きやすいです。医療事務の仕事は、夜もそれほど遅くならないため、診療の最後まで働いても、夕食は家族と食べることができます。
自宅の近くに勤めれば、帰宅にかかる時間もそれほどかからず安心です。

就職先は開業医の病院が良い理由

医療事務の仕事は、病院の受付として募集されていることが多いです。大きな病院からの募集もありますが、就職先は個人の開業医がいいでしょう。
開業医の病院がいいのには、理由はあります。まず、それほど規模が大きくないので、融通がききます。子供の体調不良などで急に休まなければいけないときもあります。女性の多い職場なので、理解を示してくれる人が多いのも安心です。
また、開業医はあちこちにあるので、自宅の近くで働けるというメリットがあります。子供の急なお迎えや、雨が降ってきて洗濯物が濡れてしまったような場合でも、すぐに帰ることができる環境であれば、安心して働くことができます。
そして、福利厚生がしっかりしているところも魅力です。家賃の補助や、健康保険、厚生年金などの福利厚生は、しっかりしているほど将来の安心につながります。中には、子育て支援を行っているクリニックもあります。
社員旅行や忘年会など、スタッフ同士の親睦を深める機会も多いのも魅力です。限られたスタッフの中で働くので、子供のことなども話しやすく、毎日働く中でも過ごしやすい環境になります。
先生を始め、スタッフが患者さんの治療に対して前向きになることで、クリニックの雰囲気も明るくなります。

医療事務は直接治療を行いませんが、患者さんを最初に対応する仕事です。痛みなどの症状を訴える患者さんの問診を行い、先生につなげる重要な仕事です。
予約が必要な場合は、患者さんの予定を聞き、その後の予約を入れたり、カルテの整理やお会計なども仕事内容に含まれます。個人の開業医に勤めることで、患者さんとのふれあいなど、とてもやりがいのある仕事をこなすことができるでしょう。